武田徹✕仲俣暁生@B&B下北沢

6月21日に下北沢B&Bで、こんなトークベントをやります。

武田徹 × 仲俣暁生
「“答え”が出なくても、とことん語ってみる!」
~ノンフィクションの書き手として、いま言葉にしたい幾つかの事柄~

B&Btakeda_nakamata

武田徹さんはちょうど『原発論議はなぜ不毛なのか』(中公新書ラクレ)を出されたばかり。テーマは原発論議だけでなく、もう少し広く「ジャーナリズムのあり方」、「ノンフィクションというジャンルの意味」、さらには「言葉を使った何かを伝えること」の孕む難しさなどをめぐって、長いキャリアをもつ武田さんに、ぼくがいろいろ質問をぶつけるかたちで話を伺おうと思います。

このトークイベントは、武田さんとぼくがともに寄稿している「ウィッチンケア」というインディペンデント雑誌の編集長、多田洋一さんによる企画。「武田さんとじっくり話をしてみたい」とぼくがまえから言っていたのを聞いて、実現してくれたものです。

個人的には、先日のゲンロンカフェでやった白井聡さんとのトークとも関心がつながっていて、それはようするに、いまどうしたら「言葉のもつ力」を活かせるか――というより、もはや「どうしたら言葉への信頼をとりもどせるか」といったほうがいいのかもしれませんが――とにかく、作家であれ学者であれ、ジャーナリストであれ、言葉をつかって生きていく仕事をしている人に、「3・11」以後の言葉のあり方について、ご自身の実践をふまえて話を聞いてみたい、という思いが土台にあるのです。

kotobanoshigotoここまで書いて、気づいてくれた人もいるかもしれませんが、これはぼくが2006年に出した『〈ことば〉の仕事』という本でやろうとしたことの、延長戦というか、リターンマッチというか、とにかくその「続き」なのです。

この本は以下の目次をみてもわかるとおり、そうそうたる顔ぶれの人たちに、ぼくが長いインタビューをした上で、彼らの発言をまじえて地の文の多い書き記事としてまとめたもので、それなりに思い入れはあったものの、あまりうまく行かずに売れ行きも芳しくないという、ちょっと心残りな本なのです。

小熊英二―“引用”と“対話”のインプロヴィゼーション
山形浩生―“自由”であることの“価値”はいくらだろう
佐々木敦―“インディペンデント”かつ“マイペース”であるために
小林弘人―ベンチャーで“出版”するための条件
水越伸―メディアの“生態系”を“環”でつなぐ
斎藤かぐみ―ネット上の“翻訳新聞”で伝えたいこと
豊崎由美―“ブックレビュー”から愛をこめて
恩田陸―偉大なる“エンタテインメント”のオマージュ
堀江敏幸―“所属不明”であるために、移動しつづける

本の元になったインタビューはいまから十年ぐらい前から始めているので、いまあらためて読み返すといろんな発見がありそうです。あらためていま、学者やジャーナリストや作家といった、〈ことば〉の用い方のことなる人たちとのセッションで、このときにやりたかったことの続き―というより、再度いいますがむしろリターンマッチ、雪辱戦――をしたいのです。なぜならぼく自身がこの先も、「言葉」を生活の糧にすると決めているからです。

というわけで、このトークイベントは、「原発論議」そのものをする会でも、それについてのメタ議論をする会でもありません。あの震災という、「きわめて言葉にしずらいこと」を経て、武田徹さんというジャーナリストでありノンフィクション作家である「書き手」が何を考えたか、なにを実践したかをつうじて、いま必要な「言葉との対峙のしかた」を、ぼくも一緒に考えてみたい、そういう時間と場所をうみだせたらと思っています。

【ご予約・チケット購入はこちらから】

ちなみに、当日はぼくが震災後にまっさきに読んだ、別のジャーナリストが書いたこの本をもっていこうと思っています。
jishin_to_shakai_01 jishin_to_shakai_02
外岡秀俊『地震と社会』(上・下巻、みすず書房)

広告

武田徹✕仲俣暁生@B&B下北沢」への1件のフィードバック

  1. フライヤーをダウンロードできるようにしました。どうぞ自由に印刷・配布してください。
    https://www.dropbox.com/s/7dken115et7lzwv/takeda_nakamata_talk_at_b_and_b.pdf

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中